書類審査を通過しやすい履歴書の書き方

履歴書の書き方 フリーター就職 履歴書

学校を卒業後フリーターとして働いているが正社員として就職したい。
ただ履歴書をどのように書いていいか分からない。
アルバイトの期間は書いてもいいの?どのように書くの?
1ヶ月だけ正社員として働いたことがあるけど、その期間も書くの?

このように正社員就職する時につまづきやすいのが履歴書の書き方です。

正社員就職して安定した収入を得たいのにこんなところでつまづきたくない!
書類選考を通過しやすい履歴書の書き方が分かれば。。。

分かります。
私も同じように苦しんでいました。
私は20年前ですが、
市販の履歴書についてくる書き方サンプルと、
面接での反応を見ながら修正を繰り返していました。

でも、
今はインターネットがあるので、
簡単に書類審査に通過しやすい履歴書の書方の情報を得ることができます。

ここでは、
現役の採用担当者が教える書類審査を通過しやすい履歴書の書き方について説明しています

現在アルバイトをしていて職歴の書き方に困っている方も、
一度正社員として働いたけどすぐに退職してしまった方も、
ここに書いてあることを実践すれば大丈夫です。

正社員就職するには書類選考の通過が第一関門です。
安定した収入を得て安定した生活を送るためにも、
しっかりした履歴書を書くことは必須です。
この記事は3分あれば読めます
最後まで読んでいただき実践してみて下さい。

<この記事の内容>
1.履歴書の書き方
2.採用担当者が見ているポイント
3.履歴書のNG事例集
4.まとめ


この記事が、
履歴書の書き方に悩んでいる方の為になれば幸いです。

1.履歴書の書き方

まず最初に、
履歴書は手書きで提出する場合は、
コンビニなどで売っている市販のものを使用します。

パソコンで入力してメールで提出する場合は、
ネットからダウンロードしてきます。
=>履歴書雛形

どちらで提出するかは、応募する企業によって違ってきます。
事前に確認しておきましょう。

次に履歴書の書き方について説明します。

履歴書の雛形

履歴書は購入するものによて若干の違いはありますが、
大体は上記の画像のような構成になっています。

左側に、個人情報や学歴、職歴
右側は、所有している資格や志望動機など
これら全てに記入する必要があります。

 

まず、左側の個人情報、学歴、職歴の書き方の説明をします。

履歴書の左側

1.履歴書を作成した日を記入します

2.氏名、生年月日、年齢、性別を記入します

3.自分の顔写真を貼ります
(書類選考を通過しやすい顔写真については後述

4.住所と連絡先を記入します
書類選考をしていてよくあるのが郵便番号の書き忘れです。
書き忘れはマイナスポイントです。
忘れずに記入しましょう
=>郵便番号検索

5.学歴・職歴を記入します
学歴は、中学校卒業時点から記入します
必ず、◯◯県立〜、〇〇市立〜と正式名称で記入します。
高校、大学も同じです。
職歴は、
〇〇株式会社入社。
一身上の都合により〇〇株式会社退社。
と記入します。
アルバイトの場合は、
〇〇株式会社アルバイト入社。と書きます。

ここで重要なのは、全て記入するということです
嘘をつく必要はありません。
特に一度でも正社員として働いたことがある方は、
厚生年金を支払っているので後でバレます。
退職理由は詳しく書く必要はなく、
「一身上の都合」と書けばいいです。
ただ、面接では理由を必ず聞かれますので、
答えを用意しておく必要があります。

アルバイトの方も同じです。
どんなバイトを経験したのか?は採用時の判断材料になります。
アルバイトの経験が応募する企業の求人とかけ離れていても、
どこで評価されるかわかりませんので書いておきましょう。

 

続いて、右側の保有資格や志望動機の書き方について説明します。

履歴書の右側

6.保有している資格を全て書きます
自動車免許なら「普通自動車免許」と記入します。
その他在学中に取得した資格を書きます。

7.志望動機、アピールポイントを書きます
採用担当者が一番重要視するところです。
志望動機は最重要ポイントで面接にも繋がってくることなので自分で考えます。
例題などを参考にするのもいいですが、面接でつまづきます。
こちらの記事を参考にしてみて下さい。

志望動機の考え方のポイント
フリーターから正社員就職するときの志望動機の考え方について書いています。サンプルを参考にした志望動機は面接官に見破られます。

8.本人希望欄
給料や職種、勤務時間など本人の希望を記入します。
特にない場合でも空欄はNGです。
フリーターから正社員就職する場合は、
「特になし」「貴社の規定に準じます」と記入しておくのが無難です

書類選考を通過しやすい履歴書の写真

履歴書の顔写真で第一印象が決まってしまうといっても過言ではありません。
下記のOK例とNG例を参考にして下さい。

応募写真男性

応募写真 女性

(転職サイトDODAより引用)

OK例として、
・スーツ姿(男性はネクタイ着用)
・髪型を整える
・ヒゲを剃る(男性)
・化粧は薄め(女性)
・正面を向いて感情を出さない
(笑顔や怒った顔はNG)

最低限上記の事を守った顔写真を撮りましょう。

写真はスマホで自撮りしてコンビニで印刷したものより、
スピード写真や写真館などで撮った方が好印象です。
企業によってはスマホで撮った写真を貼っていると、
「手抜きをした」
と判断して落とされることもあります。
多少お金はかかりますが、きれいな写真を撮りましょう。

2.採用担当者が見ているポイント

書類審査の時に採用担当者がみているポイントを説明します。

ここに書かれている事をクリアできていれば書類審査を通過する確率は高くなります。
履歴書を書く前と書き終わった後にチェックしてみて下さい。

履歴書が汚れていないか?

受け取った履歴書に食べ物や飲み物のシミがついていたら、
応募した人の本気度を疑ってしまいます。
大切な書類を粗末に扱う人という事で落とされます。

誤字脱字がないか?

これは、履歴書を書い終わった後にチェックをしているか?を見ています。
間違いをそのまま見過ごして提出するということは、
仕事でもミスを多発させる恐れがあると判断されます。

修正した跡がないか?

間違えたところを修正ペンなどで修正するのはNGです。
間違えたら書き直しが基本です。
手抜きをしていないかチェックしています。

まとめ

書類審査では、学歴や職歴、志望動機をチェックしますが、
それ以上に履歴書を見て基本的なことができているか?をチェックします
学歴や職歴、志望動機が素晴らしくても、
履歴書という1枚の書類をきちんと仕上げることができない人は、
能力以前の性格の部分で問題ありと判断されます。

履歴書を書く前と書いた後に忘れずにチェックして下さい。

3.履歴書のNG事例集

せっかく書いた履歴書も採用担当者に伝わらなければ意味がありません。
本人は悪気があって書いたつもりではないが企業側にとってはNGな事例があります。

履歴書を書く時に注意して書いてみて下さい。

待遇について書いている

志望動機に書く時に、
「給料の良さ、待遇の良さに惹かれました」
という理由はNGです。
気持ちは分かりますが、企業側からすると、
「待遇面だけで選んだのか」
と思われ悪い印象を与えます。

抽象的な内容

【元フリーターの採用担当者が教える】志望動機の考え方のポイント

こちらでも書きましたが、
抽象的な内容では思いが伝わりません。
より具体的に伝える事で印象が良くなります。

4.まとめ

いかがでしたか?

履歴書は応募する人と企業が最初にコンタクトを持つ場です。
たった1枚の書類ですが、この1枚の書類を企業は細かく見ています。
手抜きをする事なく一生懸命書いてください。

ここで紹介した内容を網羅しておけば、
余程の事がない限り書類選考を通過できます。

また、書いた履歴書がきちんとできているか自信がない。
誰かにチェックしてもらいたい。
そういった方は、
フリーターに特化した転職サイトでサポートしてもらうこともできます
無料で登録できて、
社会人基礎教育やカウンセリング、
履歴書の書き方、面接対策、求人の紹介などが全て無料で受けれます。

一人で就職活動するより効率良くできるので、
この機会に登録してみてはいかがでしょうか?

フリーターが就職しやすい転職サイト
フリーターの方が利用しやすい転職サイトを利用することが正社員就職への近道です。