30代フリーター女性が就職するには?

おすすめ フリーター就職 女性

今までフリーターしかしてこなかったので、
そろそろ就職しないとそろそろヤバイ。

結婚を機に正社員の仕事を退職。
子育てもひと段落してきたから、
フリーターから正社員就職しようと思ってる。

 

このようにお考えではないですか?

 

色々な事情があるとは思いますが、
フリーターの経歴が長いと、
就職活動しても書類選考で落とされがちです。
さらに30代になると実績が求められ、
フリーター歴が長いと正社員就職に不利になります。
苦労されている方も多いと思います。

でも、この先ずっと正社員就職できないのでしょうか?
一度正社員を辞めたら復帰するのは難しい事は事実ですが、
正社員就職できる方法はあります。

 

ここでは、
30代フリーター女性が就職できる方法を紹介しています

 

一般的に言われている内容や、
私の知人がやった方法など、
3つの方法を紹介しています。

興味がある方は、
参考にしていただけると幸いです。

30代女性が就職する方法

3つの方法があります。
それは、

1.資格を活かした就職活動
2.派遣社員からスタートする方法
(知人が実際にやった方法)
3.こだわりを捨て働けるところで働く方法

それぞれのやり方を紹介します。

1.資格を活かした就職活動

資格を持っている方は、
正社員を離れている期間やフリーター期間が長くても、
有効に活用できます。

例えば、
看護師、介護士の方。

大きな病院は難しくても、老人ホームや、
保育園などで看護師求人があります。

介護士の方は、
デイサービスなどの求人があります。

こだわりがなければ、
資格を保有している方を募集している会社や施設は多くあります。

求められているところに就職する

このスタンスであれば、
就職するのは難しく無いです。

2.派遣社員からスタートする方法

これは、私の知人がやっていた方法です。

今まで正社員として働いてきた方には、
派遣社員として働くことに抵抗があると思います。

 

今まで派遣社員を使う立場だったのに
なぜ私が派遣社員から

 

分かります。
使う立場から使われる立場になるのは、
あまりいい気がしませんよね。

でも、
ここで紹介しているのは、
派遣社員「から」スタートする方法です。

派遣社員になることが嫌な人はしょうがないですが、
こだわらない人、
まずは働くことからと考えている方は、
派遣社員「から」スタートしてみて下さい。

スタートは派遣社員ですが、
実力が認められれば、
正社員登用される事があります

 

私の知人がこのケースで正社員になりました。
その知人は、
結婚・出産を機に会社を辞め、専業主婦〜フリーターをしてましたが、
子供が高校進学するという事で、収入が必要になり働く事に。

出産前は大手企業で経理をしていましたが、
退職してからブランクもあるという事で、
派遣社員からスタート。

仕事をしていく中で、
その実力が徐々に認められ、
そして専業主婦〜フリーター時代に勉強していた英語が話せるという事で、
1年後に正社員になりました。

派遣されていた会社で正社員の人が退職されて、
その補充という形で採用されました。

派遣された会社との相性やタイミングによりますが、
働かなければこのようなケースは起こらないわけです

必ず正社員就職できる保証はありませんが、
やってみる価値はあるのではないかと思います。

3.こだわりを捨て働けるところで働く方法

この方法は、
なんでもいいから働けるところで働くという方法です。

 

例えば、
広告に掲載されている求人でもいいですし、
求人サイトで、
未経験OK」「急募
と書かれているところに応募する方法です。

現実的には、
とりあえず就職したはいいがブラック企業だった
このような事も可能性としてはあるので、
きちんと選ぶ必要はあります。

 

ただ、
こだわりを無くすと、
選択肢が増えてくるので、
就職できる確率は高くなります

まとめ

いかがでしたか?

 

3つの方法を紹介しました。
これやってみよう
という方法はありましたか?

もし、
こだわりを持って自分の働きたいところで働きたい
そう思われる方は、
就職のプロに相談してみて下さい。

例えばこちら
=>ハタラクティブ

フリーターや未経験の方に特化したエージェントです。
面談〜内定まで一人のコンサルタントが、
マンツーマンでサポートしてくれます。

キャリアカウンセリングや就職相談、
履歴書の書き方、面接対策など、
内定に向けて最後までサポートしてくれるので、
就職しやすいと思います。

就職活動してるけどなかなか内定が決まらない方
これから就職活動始めるけど不安が大きい方
こだわりを持って自分の働きたいところで働きたい方は、
気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

この記事が、
少しでもお役に立てば嬉しいです。