フリーター期間が長いと就職活動は不利になる?

悩んでいる フリーター就職 活動

フリーターの方が就職活動をしていく中で気になるのが、

フリーターとしての活動期間

フリーターの期間が長いと正社員になるのに不利になるのでは?
不利になるのであれば対策を知りたい!

このようにお考えではないでしょうか?

ここでは、
フリーター期間が長いと不利になるのか?
について解説し、
フリーターの方が就職活動するのに必要な事について書いています

これを読めば、
フリーター期間が長くても就職活動を効率良く進める方法がわかり、
2〜3ヶ月後には正社員として働く事ができるようになります。

フリーター期間が長くて就職活動に不安を持っている方は、
ぜひ最後まで読んで就職活動を成功させるポイントをつかんでください。

この記事が、
フリーター期間が長くて就職活動に不安を持っている方の為になれば幸いです。

1.フリーターの期間が長いと正社員就職に不利になるのか?

フリーター期間が長いと正社員就職に不利になるのか?

正直に答えます。
不利になります

その理由として、企業側は、
就職できないのは何か理由があるのでは?
すぐに就職しないのは働く意欲がないのでは?

このように考えるからです。
なので、
書類選考を通過するのが難しくなります。

実際の採用現場での実例を紹介します。
私も会社で採用活動をしていますが、
経験のある社会人の方でも、ブランク期間があると、
「何かあるのでは?」
となり、
複数の候補者がいる場合は、ブランク期間がある人は書類選考で落とします。

本当は実力があるのかもしれませんが、
限られた予算と時間の中で採用活動をしているので、
企業側もフィルターをかけてしまいます。

こうした現実がある事を理解しておいて下さい。

そして、次に面接で不利になります。

面接で不利になる理由とは?

フリーター期間が長いと必ず面接で聞かれるのが、

なぜ今までフリーターだったんですか?
今まで就職しなかった理由は?

といったフリーターの方にとって答えるのが難しい質問。
これは、嫌味でもなんでもなく、
単純に気になるから聞いているだけです。

この質問に対して企業側が納得できる事を返す事ができれば、
面接は半分通過したと考えていいと思います。

ですが、ほとんどの方は、答えに詰まってしまいます。

フリーター期間が長い事に対する明確な答え。
そしてそれが企業側が納得できるものでなければ、
フリーター期間の長さは単純に不利になってきます。

それでは、フリーター期間が長い方はどうやって就職活動をしたらいいのか?
就職活動のやり方について次で詳しく説明します。

2.フリーターが正社員就職するには戦略が必要

就職活動をするには戦略が必要です。
なぜなら、
同年代の社会人経験者と同じ土俵で勝負しても勝てる確率が低いからです。
特にフリーター期間が長ければなおさらです
(理由は上記で解説)

では、どのような戦略で就職活動をしたらいいのか?
これから説明をしていきます。

どこで戦うのか?を決める

戦略

上記でも書きましたが、
同年代の社会人経験者と同じ土俵で勝負しても勝てる確率は低いです。

フリーターの方が勝負しやすい土俵で勝負をする事が必要です。
具体的には、

フリーターOKの求人を出している企業
未経験でもできる仕事
資格を持っている方はその資格が活かせる企業

このように勝負できる土俵を決めてしまいます。
自分が戦いやすい土俵にする事で必然的に強豪ライバルとの戦いを避ける事ができます。

応募する会社を絞る

転職サイトを検索している

応募する会社を絞ることは就職活動を進めていく上で重要な事です。

具体的には、
フリーターOKの求人を出している企業
に絞ります。

本当は働きたい企業があるかもしれませんが、
まずは正社員として社会人経験を積む事が重要です。
このこだわりを捨てる事は重要です。

私は自動車が好きだったので、自動車メーカーで働きたいと思っていました。
ですが、フリーターを雇ってくれません。
なので、未経験OKの求人を出している自動車関連の会社に入社しました。
そして経験を積み、勉強をしてキャリアアップをして、
高卒ながら外資系企業の管理職になる事ができました。

将来的に自分の働きたいところで働く事はできるので、
まずは正社員就職をする事に集中しましょう。

その為に、
応募する会社を絞ります。

面接対策をしっかりしておく

面接

企業側が採用するかどうかの判断をするのは、
面接です。

面接でチェックする内容は会社によって違いますが、
少なくとも、
応募する会社の事について話せるようにしておきましょう。

あなたは弊社で何がしたくて応募したのですか?

これは必ず聞かれます。
これだけではありませんが、
面接で聞かれそうな事は事前に答えれるように準備しておきましょう。

そして、人間性はどこの会社もチェックしています。
・言葉遣い
・面接態度
・声の大きさ
こういった事は面接の基本です。

これから一緒に働く仲間として相応しいのか?
このように相手目線で立って考えてみて下さい。

フリーター向けの転職サイトを活用する

フリーター向け求人の紹介

一般の転職サイトには載っていない、
フリーターに特化した求人が多数掲載されています。

上記で書いた、
フリーターOKの会社を絞り込みしやすいです。

面接対策の講習や社会人基礎研修などを行っているサイトもあります。
求人紹介やカウンセリングなど全て無料で活用できます

このようなサービスを活用する事で、
正社員就職できる可能性は高くなってきます。

フリーター向けの転職サイトはこちらに詳しく書いています。
=>【元フリーターの採用担当者が教える】フリーターに特化した転職サイト3選

3.まとめ

いかがでしたか?

フリーター期間が長いと正社員就職には不利になります。
ですが、
フリーターOKの求人を出している企業に絞るなど、
戦略を持って取り組めば正社員として就職できる可能性は高くなります。

求人の紹介やサポート、研修などは、
フリーター向けの転職サイトに登録すると無料で活用できます。
はっきり言って利用しないと損します。

フリーター期間が長くて就職活動に不安を持っている方は、
ぜひここに書いてあることを実践してみて下さい。

☆この記事はお役に立ちましたか?☆
この記事が少しでもお役に立ったのであれば、
以下からシェアしていただけると嬉しいです。