フリーターの面接対策で押さえておくべき事は?

suggest フリーター就職 活動

応募した会社から書類選考合格の連絡があった。
来週面接があるけどどのような対策をしておけばいいのか?

面接で聞かれる事と答えを考えたけど、
自信がないので誰かにチェックしてもらいたい。

これから就職活動を始めるので、
面接対策を勉強しておきたい。

 

このようにお考えではないですか?

 

希望する会社の書類選考を通過したので、
面接もそのまま通過し内定をもらいたいですよね。

内定をもらえれば正社員として安定した給料が保証されます。
周りの目を気にする必要も無くなります。

でも、
この最後の面接が最大の難関。
面接対策を自分で考えたけど不安。
本当にこれでいいのだろうか?

分かります。
初めての就職活動なので、不安になります。
私も同じでした。

ただ、
面接官が質問してくる内容を全て事前に把握して答えを用意しておくのは不可能です

面接とは、
丸暗記した答えを発表する場ではなく、
応募者の人間性や対応力、潜在的な可能性を判断し、
採用について判断する場です

押さえるべきポイントを押さえ、
後は面接の状況に合わせて対応します。

面接で対応できない人は実力が不足しているという事なので、
次に何をしないといけないかはっきりしますよね。

まずは、
ここで紹介する押さえておくべき事を理解して実践してみて下さい。

 

<書いてある内容>
1.フリーターが面接でよく聞かれる質問とは?
2.面接で注意すべきマナーとは?
3.面接でよくある事
4.自分で考えたけど不安な場合は?
5.まとめ

 

コツとしては、
解答例を丸暗記するのではなく自分で考える
正直に答える
です。

この記事が、
これから面接を受ける方の為になれば幸いです。

1.フリーターが面接でよく聞かれる質問とは?

面接ではいろいろな事を聞かれます。
パターン化されている会社もあれば、
面接官がその場の雰囲気で質問を考える場合もあります。

ですが、必ず聞かれる内容。
逆に考えれば、
面接官が必ず聴きたい内容
というのがあります。

フリーターの方が面接の時によく聞かれる質問というのは、
なぜフリーターをしていたのですか?
新卒時に就職活動をしなかったのですか?
フリーター期間にどのような仕事をしていたのですか?
この3つです。

回答としては正直に答えればいいです。
なぜなら、
挨拶がわりみたいな質問だからです。

仮に理由がマイナスな内容でも、
今は正社員として頑張ろうと思って面接に挑んでいる訳なので、
その事を伝えればいいと思います。

逆に、
過去のマイナス要素を深く掘り下げてくる会社であれば、
就職しない方がいいです。
就職してから苦労します。

大切なのはこれから頑張って働くことができるか?です。

2.面接で注意すべきマナーとは?

面接ではマナーもチェックします。

特に、
服装
髪型
言葉遣い
時間を守ることができるか?

この4つのマナーは面接官が必ずチェックします。

服装

面接に行く時はスーツが絶対です。

スーツもただ着ていけば良いわけではありません。

ヨレヨレになっていないか?
シワや汚れがないか?
傷やほつれがないか?

この3つは面接に行く前にチェックして下さい。
特に営業職に応募される方は第一印象を見られます。
ヨレヨレのスーツでは第一印象が悪くなり落とされることがあります。

定期的にクリーニングに出すなどして常に清潔な状態にしておきましょう。

ネクタイは派手過ぎない事です。
過度なオシャレは好まれません。
無難なネクタイにしましょう。

髪型

髪型も第一印象を決める重要な要素です。

寝癖がある
髪の毛を染めてる

この2つは好まれません。
髪を染めている方は、面接日だけは黒のスプレーをするなどして黒髪にしておきましょう。
1,000円程度で売ってます。

言葉遣い

敬語が基本です。

仮にいつも使っている言葉が出ても言い直せばいいです。
普段から敬語を使っていない方は、
友人やバイト先の同僚を相手に練習してみて下さい。

時間を守ることができるか?

遅刻は厳禁です。

基本は5分前に到着です。

「でも電車が遅れた場合はしょうがないですよね」
よく質問されますが、
ニュースになる規模の事故でもおきない限り理由になりません。

これは、
計画性やリスク管理についてチェックをしています。

電車は遅れるかもしれない
会社に行くまでに道に迷うかもしれない
だから30分前には会社の前に着くようにしておこう

このように考えて行動しておけば遅刻をする事はありません。

面接に遅刻してくる人は、面接の時間に会社に着くように計画しているから、
何かあった時に挽回できずに遅刻してしまいます。

面接当日は30分前に会社に近くに到着し、
5分前に訪問するようにしましょう。

3.面接でよくある事

初めて面接を受けるフリーターの方は多いと思います。

初めての面接で緊張して話そうとしていた事を忘れてしまった

よくある事です。
面接官も初めてという事は知っています。

もし緊張して話そうとしていた事を忘れた場合は、
すみません。緊張して話す内容を忘れました。ちょっと待って下さい。思い出します
このように正直に回答すればいいです。

焦ってしまって思ってもいない事を話すと深く突っ込まれた時に自分が困ります。

正直に、
「緊張しています」と伝えましょう。

 

その他、よくあるのが、
面接日とプライベートな用事が重なった時

面接日を優先するのか?
プライベートな用事を優先するのか?
迷うところです。

もし、
プライベートな用事を変更できるなら変更して面接に行く事をお勧めします。

ただ、どうしても変更できない用事。
旅行だったり、冠婚葬祭の場合は応募した会社に理由を伝え変更してもらう方が良いです。
旅行などはキャンセル料がかかるだけでなく一緒に行く人の予定まで変える事になります。

理由を伝えた時は次の面接日を確約させる事を忘れないで下さいね。

4.自分で考えたけど不安な場合は?

面接で聞かれる事を自分で考えたけど、
本当にこの内容で大丈夫かな?

自分の話し方は相手が不愉快だと感じないだろうか?

自分で考えたけど自信がない、不安な場合は、
友人やバイト先の同僚に聞いてもらいましょう
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、
一生懸命頑張っている姿を見せれば協力してくれます。
良いアドバイスをくれるかもしれません。

または、
転職のプロに相談する方法があります。
フリーターに特化した転職サイトがあります。
履歴書の書き方や面接対策をアドバイスしてくれます。
無料で登録できて無料で利用できます

確実性を求めたい方は登録してみて下さい。

【元フリーターの採用担当者が教える】フリーターに特化した転職サイト3選

5.まとめ

いかがでしたか?

面接では自分で考えた答えを話す事が重要です。
解答例を丸暗記しても深く質問されると答えに詰まりかえってマイナスイメージを与えます。

もし、自信がない場合は友人や同僚に聞いてもらいましょう。
確実性を求めたい方は、
フリーターに特化した転職サイトに登録してみましょう。

最後に、
面接当日は清潔な服装、黒髪、遅刻厳禁で望みましょう!